2012年7月に発覚した乳がんと戦う43歳の主婦です。ステージ;2a、ホルモン受容体; 陰性⇒陽性に変わりました、HER2;3+の強陽性。現在、手術⇒抗がん剤⇒放射線⇒ハーセプチンを終えホルモン療法中。自分の状況にオタオタしながらも治療頑張ってます(≧▽≦)
http://sacoblog38.blog.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

ポチっo(〃^▽^〃)o

スポンサードリンク

プロフィール

saco

Author:saco
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター since2013/05/15

ブログ村ブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2013.01.29/ 15:30(Tue)
ある日、左胸の側面が、だる~く感じました。
痛いとかではなく、なんとなく、だるかったんです。
その時、私はまだ子供に授乳をしていたので
   (2年間授乳していて、そろそろ卒乳を考えていた頃でした)
そのせいで、乳腺が久々につまったかな?と思ったりしていましたが
2~3日たっても、同じくだるく、気持ち悪く思い、胸をさすっている時が増えました。
で、ふと全体的にさすってみると
「ごり?え?固い?」
左胸の下側に、ごりっとしこりが....
よくよく触ると、楕円形っぽい2㎝位に思えるしこりがありました。
そのしこりは、よく動きました。そして触ると痛みもありました。
なんで、今まで気付かなかったんだろう??と不思議な程でした。

ネットで調べたら、乳がんは痛くないとか、動くのは良性の腫瘍とか.....何となく
私には都合の良い情報が目についたんですが、
でも、ほっとくには怖かったので、一応病院、受診しようと思いました。

私は、その年の2月に、市から発行される、40歳の乳がん検診の無料クーポンを利用して
マンモグラフィも、エコーも受けていました。
その時は、授乳中で、レントゲンは真っ白(乳腺)。
わかりにくいなぁ~という感じでした。
どの場所か思い出せないんですが、先生はどこかの場所おさえて、
「ここ、ちょっと気になるの写ってるけど、ちょっとした石灰化かと思えるから、念のため
来年(授乳終えて)また検診受けて下さい。」
って言われました。
まぁ、大丈夫でしょう。って感じだったので、私もマンモグラフィを受けた満足感で、あまり気にしていませんでした。

だから、それから5ヶ月、乳がんなんて頭からすっ飛んでいました。
 私は、父方の伯母が18年前、そして母が8年前に乳がんをしていたので、
 なんとなく、乳がんは気にしていて、30歳を過ぎた頃から、マンモグラフィも受けてたし
 自己チェックもちょくちょくしてたりしていました。なのに、この時に限って.......って感じです(*_*)


受診を決めた時、最初に、この検査を受けた病院に電話したんですが、
予約がすぐとれなかったので、他を探しました。
 この2月の診察は、見落としと言ってよいのか、仕方なかった事なのか、
 スッキリしませんが、今は治療に専念したいので、あまり考えない様にしています。


ネットで探していると、評判の良い乳腺外科が、結構近所にあったので
ここなら子供連れてそのまま行けるなと、翌日でかけこみました。
   (受診中は、看護婦さんに子供も看てもらってご面倒かけました(≧▽≦)



参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Genre: 心と身体 Theme: 乳がん Category: 乳がん発見
2013.01.28/ 19:05(Mon)
副作用は人それぞれです。
そう、治療前にお医者さんに言われましが、やっぱり気になってしまいました。
一般的には、どういった副作用が現れるか、心の準備として知っておきたくて
これまた、色々検索して沢山の方々のブログを読ませてもらいました。

なので、私バージョンとして、こちらに記してみますね。


まず最初は
EC(エピルビシン + シクロホスファミド) 3週間に1度を 3クール の時

初日;
午前中の9時頃、病院予約で行きました。
食事は、食べてこない様にとナースの方に言われたので、お茶だけ飲んでいました。
 (のちに、吐き気が気にならないなら、食べてきても良いと言われたので、
  投与前は、トースト半分程度の食事をしていきました。
  私の場合、空腹でも気持ち悪く(普段から)なるので、抗がん剤の副作用か
  空腹での気持ち悪いのか、わからなくなったので)

10時半頃からの投与で、2時間程かかり、
帰宅すると、昼の1時過ぎ。
お腹がペコペコだったので、前日の頂き物のアップルパイを、1つ
ペロリと食べてしまいました。(数時間後、後悔.....(-_-メ
 
それから、しばらく普通にくつろいでいたら、1時間強ほどたった頃から
「・・・・・・ん?胸の奥が重く、むかついてきたかも......」
という感じで、
床につく事にしました。

そこからは、4日間程、むかつきの波がおしよせては、ちょっと引き.....おしよせては、ちょっと長く居座り......
という感じでした。
当日は、無理でしたが、2日の朝は、少しましに感じ、洗濯物とかできたんですが、
途中、
「あ、やばい。無理かも.....」となり、また数時間、寝込んだりしていました。

食事も、最初の3日は、ほとんど食べれませんでした。
酸っぱいものならいけるかな?と、
もずく酢を試しましたが、酢がきつく感じ、1口で無理って感じでした。
3日目のお昼に、うどんを作ってもらい、それが美味しくて 調子に乗って半玉分ほど食べました。
これが、また半日ほど、胃にもたれた感じでしんどかったです。(2~3口にしてたら良かったのかも)
私は、妊娠中のつわりも気持ち悪くはなるんですが、吐けないというタイプだったんですが、
この副作用の気持ち悪さも、タイプ的には同じ様に感じました。
ただ、つわりの時よりも、きついし、
つわりの時は「この苦しみは子供のため~」って明るい未来に救いと夢を感じれましたが、
副作用には、ないかったですね.....ただ、辛いだけでした(*´Д`)=з


脱毛は、15日後の夜あたりから、髪の毛をひっぱると、スルっと抜ける様になってきて
「きたかぁ」って感じでした。
それからは、毎晩、洗髪のたびに、バサバサ抜けていき(昼間もひっぱって抜いちゃってましたが)
その4日後の夜には、もうほぼ、抜けました。
当初は覚悟してたとはいえ、泣きそうな気持ちになってましたが、抜けきってしまうと結構すぐ慣れてきました(ハゲライフ)
カツラ、面倒臭いですけどね(*_*)

あと、投与当日、頭痛も辛かったです。主治医に電話して
家にあった市販の頭痛薬を飲んでも良いと確認してから、頭痛薬を服用したら
おさまりました。
2日目も、頭痛おこったので、すぐに薬を服用しました。

あと、便秘もきつかったです。
病院で出してもらった便秘薬を飲んでもなかなか出なくて、量を増やして飲み続け4~5日後にやっと.....という感じが毎回でした。


まだ、何かあった気がしますが、喉元過ぎれば熱さを忘れる......と言いましょうか、ケモブレインなのか、
今、浮かばないので、思い出す事がありましたら、また書き足しますね。




参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 副作用
2013.01.27/ 01:21(Sun)
がんと診断を受けて、ご自分の病気の事を本やPCなどで色々調べた方、多いんじゃないでしょうか?
私も、夜な夜な(子供が寝てから)
「乳がん ○○」という文字を何度検索窓に入力したかわかりません。

そんな中、私が何度もお世話になっている(何度も訪問している)サイトをこちらでご紹介したいと思います。


相談室
神奈川乳癌治療研究会 が作成されているサイトの様ですが、
乳がんの患者さんが、ご自身の病理結果を元に質問され、それをお医者様がしっかり回答されているサイトです。
とても参考になります。私もいざとなったらこちらに質問しようかと思っています。

http://www.kbcts.gr.jp/Pt/soudan.html


がんサポート情報センターの「闘病記 私の生きる道 」
がんを経験された各界の著名人の方々が、ご自身のガン体験を語って下さっています。
とても興味深かったです。

http://www.gsic.jp/survivor/sv_01/index.html


朝日新聞の医療サイト「キーワード;がん一般」
がん関連の疑問にお医者様が答えている様な形式でがんの治療の状況、情報が得られます。
http://apital.asahi.com/keyword/tag.html?keyword=0094


乳がんの教科書
「乳がんの基礎知識」「乳がんを治療する」「乳がんをもっと知るには」「乳がん治療に伴うあれこれ」「乳がんと心の問題」という項目で、色々な情報が得られます。
http://nyugan.e-rev.net/


NPO 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン
がん経験者の生の声が聴けるサイトです。

http://www.dipex-j.org/bc/



まだあるんですが、今日のところはこの辺で....(*^ー^)ノ



参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(4)
2013.01.26/ 15:47(Sat)
現在(2013年1月26日)、副作用の辛かったエピルビシンを終え、タキソールを8回(3クール目の2回目)を終え、
ハーセプチンも3回を終え......

乳がん関連のブログに
抗がん剤治療をひと段落すると、ホッとしたのもつかの間、
次は、日々、再発や副作用が心配になってくる
と書かれている方と数人出会いました。

すごくわかるなぁ~と思っていましたが、
私は、まだ抗がん剤治療が終わってもいないのに、既にびびっています。
最初は、胸の側面が痛くなって。
ちょっとさわると、最初は何もないんですが、
気になって、ちょくちょくさわっていると、こりっとしこりがある様に思えたりするんです。
これは、自分でも、心配し過ぎかな?とは思います。
主治医の先生に
「ここら辺が痛いんですけど」って側面さわりながら聞いてみたんですが、
ちらっと見ただけで、
「ドレーン入ってた所ちゃうか? そのうちおさまると思います」って、触診もなしに言われてしまいました。
この主治医.....私、診察するごとに、嫌いになってるんですね。
一度は「なんや、こいつ!?」って思う事あって、病院で号泣してしまった事も。(←このお話は、またいつか.....)
看護婦さんが、親身になってくれるので、せめてものよりどころで。
病院変えたいと思ったりもするけど、ここまで近所(自転車で5分強ってとこかな?)で、乳腺外科の病院、ないんですよね(*v.v)。
癌って、嫌だけど病院と長いお付き合いになります。
よっぽど、やぶ医者だったら話になりませんが、
通院のストレスも、私には重要でして......ついつい主治医に不満を持ちつつも、現実問題、病院変えれないんですね.....

っと、話しがそれました。
その側面の痛み、現在は、どんどん背中に移動中。何これ??
ただたんに、皮膚がつっぱってるのかな?手術の影響で??
あと、手術していない右側の胸も、ちょっとはった感じあったり、ちょっとした違和感を
最近感じるんです。もう、気持ちが病んでる??

でも、一応、主治医には報告済みだし、その側面は触診してくれなかったけど、
抗がん剤投与の診察時、胸とか、リンパとかは、ちょこちょこっと触診してくれるし、
ま、大丈夫なんかな?と、思う様にしてます。
気に病み過ぎて、うつになったり、NK細胞が不活性になると困るもんね。

でも、ふとした時にやっぱり怖くて胸を自己チェックし続けてますけど.....
今からこれじゃ、この先、どうなる事やら.....

周りの友達、親戚(ほんの数人にしか報告してませんが)は、抗がん剤治療が終わったら、私が完全復活すると思っている様です。
私も、逆の立場なら、同じ程度の認識だったと思います。
癌になって、初めて知りました。
1度、癌にかかってしまうと、一生の問題ではないかと??
どれだけ、治療しても、転移や、再発の可能性は 0(ゼロ)にはならないではないかと??



参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(2)
Category: 日記
2013.01.26/ 15:34(Sat)
2012年8月9日に手術。同月29日から抗がん剤治療を始めました。
メニューは

EC療法
エピルビシン 1回/3週間  4クール(4回っつう事です)

タキソール 1回/1週間(ウィークリーってやつです) 4クール(3回で1クールという事で、計12回)
ハーセプチン 1回/3週間  1年間(数えると、計18回となる様です)


エピルビシンが終わってから
タキソールとハーセプチンを同時に始めました。



参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 病理結果
2013.01.26/ 00:55(Sat)
同病の方々のブログを拝見する時、やっぱり気になるのが、その方々の病理結果です。
自分と同じ(もしくは近い)病理結果の方々が元気に治療を進められたり
終えてたりしているのを拝見すると、ホッとします。未来を感じます。そうです。私は、少しでも安心したいんですよね(*^▽^*)


なので、私もまずは病理結果を......誰かが私の情報を見て、ちょっとでも安心して治療を進められる様、私もこの(下記の状況の)癌をしっかり退治して、毎日楽しくすごして、元気におばあちゃんになってやる!!頑張るぞーーーー!!!


組織学的分類;  浸潤性乳管癌
TNM分類;   T(2) N(0) M(0)
臨床病期(ステージ);    Ⅱa 
           (初見のマンモグラフィ、エコー時は、しこりは1㎝位でステージ1と
            言われていましたが、術後しこりは2.24㎝で ステージⅡaということに....
            こんな変わるんですね(*v.v)しこりの大きさ.....ま、実際自分で発見した時に
            2㎝位は指で触って感じてたんで、1㎝位と言われてた時から不思議に思ってて、
            なので、ショックは少なかったんですが.....小さい方が嬉しかっただけで.....)

異型度;     Grade2
術式;      部分切除(温存って事です)
病理組織学的腫瘍径; (   ×   )㎝   ←無記入
           (断端 + ・ -)、(乳管内進展 + )、(乳管浸潤 - )
腋窩リンパ節;  センチネルリンパ節生検 実施  SLN(0/2)

ホルモン受容体; 陰性
PgR;      陰性
HER2発現状況;   IHC 3+
                ↑ 強陽性です
Ki67;       60%
           ↑
          この数値の高さが進行が早い癌という事で、私を不安にさせています。
          ただ、主治医に確認したところ、HER2陽性って事がすでに、進行が早いタイプの癌なので
          Ki67の数値が高いのは当たり前だとか。
          少し前だと、HER2陽性の患者のがんは、増殖の進行が早く、
          従来の抗がん剤も効きにくかったため治療が困難だったとか。
          でもハーセプチンにより増殖を抑えることができるようになったため、
          延命効果も期待できるようになりました。(ネット情報)
          ハーセプチンというお薬を作り、世に広めてくれた 
          Dr.Dennis Slamon 様。ありがとうございます。 
          私の気持ちがどれほど救われているか、計り知れません。 




参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村          

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Category: 病理結果
2013.01.25/ 01:19(Fri)
はじめまして。2012年7月から乳がんと戦う事になった41歳の主婦です。
病気が発覚してからというもの、不安で不安で、本やPCで乳がんの事を調べる毎日が続きました。
そんな中、やはり経験者の方々のブログはとても参考になり、時には心の支えにもなりました(今もなっています)。

でも、やはり、同じ乳がんといえども、病期、ガンのタイプ、様々な事を痛感。
なので、私の状況をブログでお伝えする事が、もしかすると誰かの助けになるかも.....なると嬉しい....
などと思い、
ついに立ち上げてしまいました。

どうぞ宜しくお願いします。


参加してみました。ご面倒でなければポチッとお願いします


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: はじめまして
 
 
Copyright © 2013 sacoのとまどい乳がん日記, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。